書籍・雑誌

2008/05/29

宇宙海兵隊ギガース 5巻を読んでみた

早速読んでみた。

このシリーズ、謳い文句は「スペース・ロボット・オペラの決定版!」。4巻を見ると2006年5月初版となっているので、2年ぶりの新刊ということになる。

この物語の特徴的な点として、宇宙空間での戦闘がリアルに描かれている。惑星間航行、衛星軌道上での戦いでの高度の扱い、宇宙服を着用する前のプレブリージング、等々。

ただ物語として読んだときに、それらをわざわざ記述する必要があるのかは疑問を感じる。

そのような設定が物語の流れを盛り上げるのに一役買っているならわかる。でも知らない人にとっては余計な描写でリズムを崩すものでしかないし、知っている人には他のSF的な要素との違和感の原因にしかならない。

「絶対人間主義」、一言で言ってしまえば「宇宙では何よりも人間を大事にする」、という思想がこの物語のひとつの核になっている。地球上での技術の発展は戦争、つまり相手を倒すことを目的として発展してきたが、人がそのままで生きていけない宇宙(や他の惑星上の)環境では、人を生かす・助けるために技術が発展する、と言うのはわからん話ではない。

これはまだいい。少なくともガ○ダムのニュータイ○よりは説得力がある。

ではどこら辺から世界観が崩れてくるかと言うと、まずは人型兵器「ヒュームス」の存在。

ロボットアニメと言えばロボットは人型が決まりだが、いろいろリアルに描いている中、人型ロボットというのはどうしても浮いてしまう。宇宙で作業するなら「2001年宇宙の旅」に登場したポッド(ガンダムのボールと言ったほうがわかりやすいか)で十分なのである。人型にして余計な駆動機構や制御系を積む必然はまったくなし。

決定的に世界観が崩れるのは、ヒロイン、リーナの存在。

うら若い美少女、主役機ギガースのパイロットであり、情報部少佐。敵方の指導者と因縁があり、おまけにESP能力の一種、サイバーテレパス(超人ロックで言う所の電子使いってやつ)の能力者と来たもんだ。

5巻の帯コメントには「押井守氏推薦!」「TVアニメ化希望!」とあるが、「人型ロボットに乗る美少女」なんて、アニメ化を狙いすぎ。

最初の頃(1巻・2001年10月初版、2巻・2002年6月初版、3巻・2003年6月初版まで)はもっとテンポよく読めていた気がする。しかし4巻、そして今回の5巻と時間が空いて発行されるにつれ、物語全体のテンポの悪さと違和感を感じる中途半端な世界観が鼻について、いまひとつ後味の悪い作品になっている。

また忘れた頃に6巻が出るんだろうけど、そのときまで覚えているかどうか。引越しのときとかに古本屋行きになってしまうかも。

| | コメント (0)

2008/05/27

早くも到着

Sbsh0020_2

昨日注文した3冊が24時間も待たずに到着。

本当、こりゃAmazonは儲かって、地域の書店は廃れていくわな。

早速読ま・・・の前に、内容忘れてしまったので、この前のから読まねば。

| | コメント (0)

2008/05/26

本屋が厳しいのはわかるけど

本屋で平積みされている本を衝動買いするときは時々あるが、雑誌と漫画以外の本をわざわざ買いに本屋に出向くのは思い返してみると結構久しぶり。

お目当てはと言うと、村山由佳の「おいしいコーヒーの入れ方」シリーズ通算12冊目の「明日の約束」。

実は15年近く前に村山由佳本格デビュー後まもなくジャンプノベルに掲載された頃からのお気に入りで、それ以来ノベルズの新刊が出るとずっと買っている。まぁ実のところ、ここ数冊は買っただけでまだ読んでいないのだが・・・。

今回新刊が出るのをきっかけに一気に読もうかと画策していたのが、駅前の2件の本屋には影すら見当たらず。これじゃAmazonとかに客持って行かれるよな。自分もAmazonで買えばいいや、って思ったもの。

ただAmazonでは当然注文が可能なのだが、単品だと送料がかかってしまう。かと言って、別に他に合わせて買うようなものもなし。昨日予約したCDと合わせて送ってもらおうと思ったら、予約注文なのでまとめることができない。

ううむ、困った。今度出かけたついでに新宿あたりで探してくるか。

----

ちょっと追記。

宇宙海兵隊ギガースの5巻もついでに発注して、配送料無料にこぎつけることに。

こいつの1巻は本屋で衝動買いしたのだが、同じように忘れた頃に思い出して、調べてみると新刊が出ているものの本屋で探すのが一苦労、という思いを以前したもの。

不意に脳裏に浮かんだので調べてみたら、最新刊の5巻が今月発売されていたので便乗。900円は高いけど。

ついでのついでに村山由佳の「もう一度デジャ・ヴ」の文庫版も購入。「明日の約束」とも関連あるようなので。

・・・Amazonって、こうして儲けていくのね。

| | コメント (0)

2006/08/29

日経キャラクターズ!休刊のお知らせ

日経エンタテインメントの別冊として始まり、一度は隔月化されたものの、季刊に戻ってしまっていた日経キャラクターズが休刊だそうな。

最初は書店で見かけて衝動買いしただけだったんだけど、なんか盛り上がることなく消えていく運命になってしまうとは。角川も「大人のための~」とかと称してニュータイプの別冊、NewWords(だったっけ?)を刊行した(はずだ)けど・・・・いつまで続くことやら。

結局「大人のためのアニメ雑誌」を買う大人はいないと言うことか。

でも日経エンタ別冊3冊+創刊号から休刊前の最終号まで全部そろっていて・・・そのうち高く売れる時期が来るか?

| | コメント (0)

2006/08/08

トンデモWeb業界

  • 「ファンタジーな顧客」
  • 「奇行に走る経営者」
  • 「下手なデザイナー」
  • 「トンズラするプログラマー」

などという謳い文句でついつい買ってしまった1冊。

Web業界を知らない人には面白いかもしれないけど・・・この業界で10年(その半分以上はフリーで)やってきた身としては、正直いまさら読んでもなぁ、というのが率直な感想。

| | コメント (0)

2006/06/20

デスノートならぬ・・・

久しぶりに行ったうどん屋が相変わらず混んでいたので、ちょっと本屋で暇つぶし。

で、なんとなしに目に付いたので買ってしまった一冊。

#なんで目に付いたって・・・・この単語が最近頭をよくよぎるから

| | コメント (0)

2006/02/15

読書術・・・SEの

いつもは職場の同僚と共にする昼食ですが、今日は事情があって久しぶりに1人。

こんなときは狭くて混んでいるけどお気に入りのうどん屋に行って、そのあと本屋に行ってぶらぶら見て回るのが定番コースになっているのですが・・・・いつも何か衝動買いしてしまうのが悩みの種(^_^;)。

で、今日買ってしまったのは「SEの読書術」という本。技術書のところに平積みになっていたのですが、電車の中で読むには丁度いいかと購入。

普段から読むものと言えば技術書やら仕様書、仕事柄必要な情報はネットで、と言う人種が多いSEがどう「読書」するのがいいのか、10人のSEが語っています。

気になったら買うべしと言う人もいれば、買うなら厳選して、と内容は十人十色ですが、「読むなら原典を読むべし」(特に技術系の本は)と述べていたのが数名。

かく言う私もこの言葉には大賛成。UMLとかRUPとかがまだまだメジャーじゃなかったころに買ったUML本、当時は内容をあまり理解できませんでしたが、某プロジェクトがどたばたしている今読むと、欠けていたピースがはまるように組みあがって行きます。

「1ヶ月でわかるUML入門」とかじゃ、内容が薄くてこうは行かないだろうな。

#その知識を有効活用できるかは別問題(-_-;)

| | コメント (0)

2005/11/07

本日の衝動買い

ふと立ち寄った本屋に平積みされていたので、パラパラッと数ページめくって購入決定。通勤時間にちまちま読み進める・・・予定。

まぁ言っていることは正しいんだけどね。

| | コメント (0)