アニメ・コミック

2008/11/29

月刊サチサチはいずこ

1129_runyan2

大石まさるの「水惑星年代記」の最新刊にして最終巻「水惑星年代記月娘〈ルーニャン〉 」が発売。

ヤングキングアワーズ、昔はトライガンマキシマム、そのあとも超人ロック目当てに毎月買っているのだが、「水惑星年代記」も楽しみな連載の1つ。

1129_runyan1

スクリーントーンを必要最小限しか使っていないため絵柄がすごくやさしい雰囲気を出している。ストーリーも面白いし。

合わせて掲載されていた短編の月刊サチサチ、こっちも面白くて、「月娘」に収録とのことで一気読みを楽しみにしていたのだが・・・・あれ?載っていない。

単行本で出して・・くれるんですよね、少年画報社さん。まさかお蔵入りなんてことはないですよね(T_T)。

| | コメント (1)

2008/07/25

本当、はてしなく続いてるな

Hateshinai01

注文してあったゆうきまさみのもっとはてしない物語」が到着。

Hateshinai03

「1500円は高いな~~」と思っていたけど、フルカラーページとは。それも雑誌掲載時のレイアウトをそのまま掲載してある(多分)。ま、昔はモノクロだったので、カラーにする必要すらなかったわけだけど。

Hateshinai02
↑「はてしない物語」はレイアウトが調整してあった

23年分のコラム、週末にじっくり通しで読むかな。

| | コメント (0)

2008/06/29

伝説のひだまりMAD第2弾!!

お気に入りコミック&アニメの5本の指に入るひだまりスケッチアニメ第2弾の放送が今週から始まるのを前に、伝説とも言われたMAD動画の第2弾が登場。

個人のレベルでここまで出来るとは・・・本当、この国にはどれだけの才能が埋まっているのやら。

#そしてどれだけ日の目を見ることなく消えていくのやら・・・。

↓伝説と化している第1弾はこちら

| | コメント (1)

2008/06/28

機械に頼った自分が馬鹿だった2

設置したAmazonおまかせリンク、案の定1週間経ってもお門違いな商品ばかり表示しているので、撤去。代わりに適当に商品を追加したお気に入りウィジェットを追加。

リストのトップにあるゆうきまさみのもっとはてしない物語はずっと待ち望んでいたもの。特に本誌の内容に興味がなくなっても、このためだけにNEWTYPEを買い続けた時期もあったからな。

WEBカドカワで予約する気にはなれなかったのだが、Amazonで見つけたので即予約。1500円以上だから送料もかからないし。

それにしてもコラムだからしゃあないとは言え、単行本化が10年ぶり(文庫版は5年前だが)とは・・・。これ以前のやつは文庫版で読むが吉。

Yuukimasami
↑昔の単行本版は160ページで800円しなかったのだが・・・・

Inomata_comment
↑帯はいのまたむつみだった

| | コメント (0)

機械に頼った自分が馬鹿だった

テレビ番組の録画はHDDレコーダー(東芝RD-E300)の「おまかせ設定」に任せていたのだが・・・

昨夜のマクロスFが録画されてねぇぇヽ(;´Д`)ノ

バレーボールで大幅に時間がずれたせいか?何でだか理由がよくわからん。時間がずれてもこれまではちゃんと録画できていたのにorz

機械任せにすると、裏切られたときの怒りのぶつけどころに困る。

とりあえずようつべで見るだけは見たけどね。

| | コメント (0)

2008/06/18

マスターキートンって絶版してたのか

Masterkeaton
↑表紙が白黒なのは、当時はわざわざ表紙の白黒コピーをとって、ブックカバー代わりにしていたため(^_^;)ちなみに1巻以外は全部初版

・・・という事実を、今日いろいろネット上を歩き回っていて初めて知った。

経緯はこうだ。

買ってきた少年マガジンを読んで、東京市場の後場引けを見届けてひと休み、雷句誠のブログが更新されていたので読みにいく

そのなかに例の訴訟問題のまとめページへのリンクがあったので、そこを起点にさまざまなブログやWikiを読み漁る(とても数時間で全部読みきれる量じゃないが)

ページ其の壱ページ其の弐ページ其の参とたどって、其の参にある「『マスターキートン』の事件」の記述に反応

wikipediaの「マスターキートン」のエントリで増刷が中断されていることを知る

検証サイトの内容を一通り流し読み

う~む、確かにAmazonでマスターキートンを検索しても、中古ばかりで新品が全くない。

マスターキートンを読んだときも、「『勝鹿北星』ってなんちゅうペンネームだ」と思ったことは記憶している。まだアニメ版のDVDはあるようで、見られるうちに見ておくべきか。

この(事実上の)絶版には雁屋哲が絡んでいるとかいないとか言われているが、「美味しんぼ」の週刊連載終了にもなんか裏がある・・・のか?

この問題、なんかまだまだ奥が深そうだなぁ。ひとまず注目は7月28日の第1回口頭弁論か。

それよりも・・・久しぶりに本棚から引っ張り出したら、マスターキートン全巻通し読みしたくなってきた(^.^)。

| | コメント (0)

思わず買って来てしまった今週の少年マガジン

週刊の漫画誌なんてもうここ数年(下手すれば十数年)買っていなかったが、今週の少年マガジン、わざわざ買いに行ってしまった。

漫画家の雷句誠が小学館を提訴した話は以前も取り上げたが、その意を汲んだ新條まゆが「さよなら絶望先生」の久米田康治に無茶振り(^_^;)をした反応が、今週号のマガジンに掲載されていると聞いたので。

Zetsubousensei

内容は・・・まぁさり気なく話題に触れているという感じ。件の騒動を知らない人はさっとスルーしてしまうレベル。巻末のコメントが精一杯と言ったところか。

実は絶望先生はアニメ版しか知らなくて、それも「ぱにぽにだっしゅ」や「ひだまりスケッチ」が気に入って新房昭之監督つながりで見始めただけだったりする。コミックスも読んでみたくなったが、13巻(来月には14巻)そろえるのはちょっと・・・。

それにしても「はじめの一歩」や「金田一少年の事件簿」なんてまだ続いてたんだ。「ネギま!」なんてわけのわからん展開になってるし。

一通りぱらぱらっと読んでみたけど、どの作品も話の内容がまったく見えず、絵やキャラに魅力があるわけでもなく、わざわざ「来週もマガジンを買って続きが読みたい」と思うような作品が1つもない。

「単行本の宣伝用のための週刊漫画誌」なんてよく聞くけど、これじゃ宣伝になってないって。昔は200円あればお釣りが出たのが、260円とかになってるし。

しかも特別定価ってあるので普段はもっと安いと思ったら、予告にある来週号も同じ特別定価260円って・・・(-_-)。

言われてみれば昔から週刊漫画誌は毎週特別定価って表記だったような気もするが・・・

| | コメント (0)

2008/06/04

娘フロ。は売れそう

Photo

Amazonで予約していたマクロスFのサウンドトラック、「娘フロ。」が今朝到着。

半分以上がボーカル曲。しかもテレビ尺じゃなくて、丸々フル収録。久しぶりにステレオアンプの大音量でじっくり聞いてしまった。

Amazonの売り上げランキングで上位に来るわけだ。しかも今注文しても入荷は6/8とか。

それにしても、ランカ役の中島愛の歌声、エスカフローネでブレークした頃の坂本真綾と本当によく似ているなぁ。

Photo_2
ゼントラ盛り、って単語、初めて聞いた(^_^;)

| | コメント (0)

2008/04/01

ARIA完結

雑誌、コミックスに続いて、放送されていたTVアニメも無事大団円を迎えたARIA。

2005年10月から始まった第1期から入り、そのほんわかまったりな雰囲気にはまって、コミックスまでそろえてしまった経緯があったりします。

TVアニメは当然のことながら原作ありきなので、連携して時期を合わせるなんてこの上なく珍しいが、それだけ互いに思い入れがあるのでしょう。

こういうまったり安心して見ることのできる作品、最近はめっきり少なくなってしまったなぁ。

| | コメント (0)

2008/03/29

R.O.D THE TV 地上波放映開始

ぱらぱらとテレビチャンネルをザッピングしていたら、いつかどこかで見た映像が流れてた。

うぉ、R.O.D THE TVがTOKYO MXテレビで放送されてる(土曜17:00)。

2004年、フジテレビの深夜枠での放送がいきなり打ち切られたときには唖然としたものだ。そのあとレンタルビデオで最終話まで見たが、今でもお気に入りの作品のひとつ。

恐るべき高レベルな作画、キャストも脚本も絶妙な3姉妹、マニア向けの萌え要素も玩具メーカのためのロボットもないけど、これぞ日本のアニメーション、と言った感がある。この直後に(仮の)最終回を迎えるガン○ム00なんぞよりよっぽど面白いこと請け合い。

こいつを地上波で放送しようと決意したTOKYO MXテレビの担当者に拍手。

DVDのコメンタリーも捨て難いけどね。

| | コメント (0)