« 掃除機と抱き枕 | トップページ | さすがだぜ、ヨドバシカメラ »

2008/11/15

ふざけるな、ソフトバンク

Softbank

契約者純増数連続No.1と毎月派手に宣伝、絶好調のソフトバンク。ただどうも売ってしまえば勝ち、見たいな風潮があるような気がする。

いま使っている携帯は1年ちょっと前にドコモから乗り換えたソフトバンクの912SH。ワンセグ見れるし、なんと言っても画面の解像度がめちゃくちゃ高かった。値段も高かったけど、そこはよくわからないけどなんか初期費用が安く済むという、当時いろいろ問題になった商法に乗ってしまったわけで。

でも昨今の若人のように毎日メールを何十通も打つわけでもなく、ワンセグもたいして使う場面がなく、普通に電話として使ったり、Sアプリで株価チェックするぐらいにしか使っていなかった。

が、今更ながら便利な機能に気が付いた。早朝のモーニングニュースサテライトを録画しておいて、通勤電車の中で見るのである(それも2倍速で)。

7時台になるとくだらないワイドショー的なものしかないので、これは便利、と毎日の日課になっていた。

Sh912 しかし異変が。20分動画を見て、仕事を始める前にタバコを一服しながら最新の株価をチェックしようとSアプリを起動すると、いきなり電池切れの警告。直前まで電池マークはフル充電を示していたのにもかかわらず、だ。こんな状態では、本来の電話としての役割を果たすべきときに使い物にならなくなるのは確実。

電池がへたって来たためと言うことは安易に想像が付く。それで思い出したのが保険として契約したスーパー安心パック。なくしたり壊れたりしたときの保障や、電池の無料交換が1回ついてきたり、名前の通り毎月475円で安心を買うもの。

早速通勤途中にある秋葉原のソフトバンクショップに行ってみる(21時まで営業と言いながら20時前には受付終了と言う時点で嫌な予感が)。

早速状況を伝え、バッテリーの交換をお願いしたいのですが(=今こそ払ってきた8,000円分の保険の義務を果たせ)、とお願いしたところ・・・・

「お取り寄せまでに3週間かかります」

ちょ、3週間後には20分の動画さえ再生できない状況になるだろ。今のままでは使い物にならないので、バッテリーが準備できるまではせめて代替機を用意してもいいだろ、と言うと、

「ご用意できる機種はかなり古いものになります。また、故障扱いになるので、メモリが消える可能性もあります」

こっちが何か尋ねれば、都度奥に消えていく。そして数分待たされた挙句に帰ってくる答えがこれ。

ソフトバンクと言えば契約解除が出来ないiPhoneが昨今話題になっているが、たぶんそういう体質なんだろう。今でこそ外面はよく見えるが、いったん化けの皮がはがれると転がり落ちていくのは早いよ、こういう会社は。

毎朝ニュースを見る日課はどうしたか? それは別の機会に。

|

« 掃除機と抱き枕 | トップページ | さすがだぜ、ヨドバシカメラ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。