« ニートレーダー生活の終焉 | トップページ | 笹塚の夏がまたやってきた »

2008/07/22

でかいぞ、液晶ディスプレイ

新しい会社で激動の1週間。まぁその話はさておき、出社してみるとWUXGA(1920x1200)の馬鹿でかいディスプレイのパソコンが専用機として準備済み。なんでも社長がショップで特売で売っていたディスプレイを買って担いできたとか。秋葉原だし。

人間いったんいい環境に慣れてしまうと戻れないもので、不意に自宅用にも欲しくなってしまう。調べてみると思いのほか値段も下がっていることもわかったし。

価格.comで値段や評判を見つつ、昼休みに秋葉原で実機を見比べたりして、結局BenQの24インチ ワイドTFTモニタをAmazonで購入。

Benq_vs_dell

右が今まで使っていたDELLのディスプレイ。3年前に本体とセットで買ったもので、解像度はSXGA(1280x1024)。もう1台、アナログテレビチューナー内蔵SXGAの液晶ディスプレイとセットでデュアルで使っていた。

で、左が今回購入したBenQのG2400WD。解像度はフルHD対応のWUXGA(1920x1200)。

でかいっす

机の上に置いてみるとその大きさをなおさら実感。DELLのディスプレイとのデュアルで使おうと思っていたが、G2400WDの幅がありすぎて、DELLディスプレイは横長に設置できず。

と言うことで、サブのDELLは90度回転して縦長に設置。机の前面がディスプレイで埋まったしまった。

Dualdisplay

輝度は250 cd/m2と最近のディスプレイでは暗めだが、コントラスト比が1000:1なので、部屋の中で使うには十分クリアに見える。むしろこれ以上明るいと目にきついかも。

気になる点と言えばちょっとスタンドに強度が足りないためか、わずかな振動でも揺れてしまうことぐらい。それ以外は\40,481としては及第点。

|

« ニートレーダー生活の終焉 | トップページ | 笹塚の夏がまたやってきた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。