« 記録減量 3ヶ月経過 | トップページ | モグボナンザ結果発表 »

2008/07/03

ニコニコ動画 終焉のお知らせ

本日ドワンゴが発表したプレスリリース。

----
著作権侵害動画に対する対応策に関するお知らせ

 当社子会社の株式会社ニワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:杉本誠司)が運営する動画投稿共有サービス「ニコニコ動画」では、有限責任中間法人日本動画協会、社団法人日本映像ソフト協会、社団法人日本映画製作者連盟(以下、3 団体)からの要請により、同サービス内における3 団体の会員社の著作権を侵害している動画に関する対応策について検討・協議を行ってまいりましたが、この度、3 団体に対して、①同サービス内に既に投稿されている3 団体の会員社の著作権を侵害している動画(MAD 動画を含む)を削除すること、②新規に投稿された動画について監視を行い、3 団体の会員社の著作権を侵害している動画(MAD 動画を含む)を速やかに削除すること、の対応策の実施を提案し、3 団体の同意・確認の上申し入れ書を提出し、受領に至ったことをお知らせいたします。

 同社では、これまでも投稿される動画に対する権利保護を目的とし、権利保護システムや監視体制の強化、更には利用者への啓蒙活動を行ってまいりました。
 今後も権利者やコンテンツホルダーおよび諸団体・協会との対話に基づいた権利保護の取組みを強化し、その要望を踏まえつつ、著作権侵害問題に適切に対処してまいります。

以上

----

3団体のリンク先は以下の通り。ま、アニメ関連の企業は一通り含んでいるってことで。

ことさら「MAD動画を含む」と強調しているのが、今後は元ネタをそのまま使った動画は全部アウトと言うことか?

6月26日にだした子会社の異動に関するリリース文中では『グループ全体の収益性や資産の効率的運用の観点から、今後は「ニコニコ動画」を中核とした事業への経営資源の一層の集中を図るべき』としていたのだが、そのニコニコ動画をこれまで盛り上げてきた熱心なユーザーを排除するような措置を取ってしまってどうする、と言わざるを得ない。

確か今までは「著作権利者から著作権を侵害された旨の申告があれば削除する(=著作権利者が損害をこうむったと認識していないなら問題ない)」という強気の姿勢だったはず。しかしながら今回の発表で、投稿された動画の監視の責務を自ら背負って自分の首を絞めるようなことを宣言してしまったわけだ。

ニコニコ動画、集客できる面白いコンテンツはもう初音ミクぐらいしか残らないんじゃないか?

|

« 記録減量 3ヶ月経過 | トップページ | モグボナンザ結果発表 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。