« Firefox3登場 | トップページ | マスターキートンって絶版してたのか »

2008/06/18

思わず買って来てしまった今週の少年マガジン

週刊の漫画誌なんてもうここ数年(下手すれば十数年)買っていなかったが、今週の少年マガジン、わざわざ買いに行ってしまった。

漫画家の雷句誠が小学館を提訴した話は以前も取り上げたが、その意を汲んだ新條まゆが「さよなら絶望先生」の久米田康治に無茶振り(^_^;)をした反応が、今週号のマガジンに掲載されていると聞いたので。

Zetsubousensei

内容は・・・まぁさり気なく話題に触れているという感じ。件の騒動を知らない人はさっとスルーしてしまうレベル。巻末のコメントが精一杯と言ったところか。

実は絶望先生はアニメ版しか知らなくて、それも「ぱにぽにだっしゅ」や「ひだまりスケッチ」が気に入って新房昭之監督つながりで見始めただけだったりする。コミックスも読んでみたくなったが、13巻(来月には14巻)そろえるのはちょっと・・・。

それにしても「はじめの一歩」や「金田一少年の事件簿」なんてまだ続いてたんだ。「ネギま!」なんてわけのわからん展開になってるし。

一通りぱらぱらっと読んでみたけど、どの作品も話の内容がまったく見えず、絵やキャラに魅力があるわけでもなく、わざわざ「来週もマガジンを買って続きが読みたい」と思うような作品が1つもない。

「単行本の宣伝用のための週刊漫画誌」なんてよく聞くけど、これじゃ宣伝になってないって。昔は200円あればお釣りが出たのが、260円とかになってるし。

しかも特別定価ってあるので普段はもっと安いと思ったら、予告にある来週号も同じ特別定価260円って・・・(-_-)。

言われてみれば昔から週刊漫画誌は毎週特別定価って表記だったような気もするが・・・

|

« Firefox3登場 | トップページ | マスターキートンって絶版してたのか »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。