« 思わず買って来てしまった今週の少年マガジン | トップページ | 本土決戦 »

2008/06/18

マスターキートンって絶版してたのか

Masterkeaton
↑表紙が白黒なのは、当時はわざわざ表紙の白黒コピーをとって、ブックカバー代わりにしていたため(^_^;)ちなみに1巻以外は全部初版

・・・という事実を、今日いろいろネット上を歩き回っていて初めて知った。

経緯はこうだ。

買ってきた少年マガジンを読んで、東京市場の後場引けを見届けてひと休み、雷句誠のブログが更新されていたので読みにいく

そのなかに例の訴訟問題のまとめページへのリンクがあったので、そこを起点にさまざまなブログやWikiを読み漁る(とても数時間で全部読みきれる量じゃないが)

ページ其の壱ページ其の弐ページ其の参とたどって、其の参にある「『マスターキートン』の事件」の記述に反応

wikipediaの「マスターキートン」のエントリで増刷が中断されていることを知る

検証サイトの内容を一通り流し読み

う~む、確かにAmazonでマスターキートンを検索しても、中古ばかりで新品が全くない。

マスターキートンを読んだときも、「『勝鹿北星』ってなんちゅうペンネームだ」と思ったことは記憶している。まだアニメ版のDVDはあるようで、見られるうちに見ておくべきか。

この(事実上の)絶版には雁屋哲が絡んでいるとかいないとか言われているが、「美味しんぼ」の週刊連載終了にもなんか裏がある・・・のか?

この問題、なんかまだまだ奥が深そうだなぁ。ひとまず注目は7月28日の第1回口頭弁論か。

それよりも・・・久しぶりに本棚から引っ張り出したら、マスターキートン全巻通し読みしたくなってきた(^.^)。

|

« 思わず買って来てしまった今週の少年マガジン | トップページ | 本土決戦 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。