« 気が付けば5月もあと1週間 | トップページ | とりあえず富くじだけ購入 »

2008/05/26

本屋が厳しいのはわかるけど

本屋で平積みされている本を衝動買いするときは時々あるが、雑誌と漫画以外の本をわざわざ買いに本屋に出向くのは思い返してみると結構久しぶり。

お目当てはと言うと、村山由佳の「おいしいコーヒーの入れ方」シリーズ通算12冊目の「明日の約束」。

実は15年近く前に村山由佳本格デビュー後まもなくジャンプノベルに掲載された頃からのお気に入りで、それ以来ノベルズの新刊が出るとずっと買っている。まぁ実のところ、ここ数冊は買っただけでまだ読んでいないのだが・・・。

今回新刊が出るのをきっかけに一気に読もうかと画策していたのが、駅前の2件の本屋には影すら見当たらず。これじゃAmazonとかに客持って行かれるよな。自分もAmazonで買えばいいや、って思ったもの。

ただAmazonでは当然注文が可能なのだが、単品だと送料がかかってしまう。かと言って、別に他に合わせて買うようなものもなし。昨日予約したCDと合わせて送ってもらおうと思ったら、予約注文なのでまとめることができない。

ううむ、困った。今度出かけたついでに新宿あたりで探してくるか。

----

ちょっと追記。

宇宙海兵隊ギガースの5巻もついでに発注して、配送料無料にこぎつけることに。

こいつの1巻は本屋で衝動買いしたのだが、同じように忘れた頃に思い出して、調べてみると新刊が出ているものの本屋で探すのが一苦労、という思いを以前したもの。

不意に脳裏に浮かんだので調べてみたら、最新刊の5巻が今月発売されていたので便乗。900円は高いけど。

ついでのついでに村山由佳の「もう一度デジャ・ヴ」の文庫版も購入。「明日の約束」とも関連あるようなので。

・・・Amazonって、こうして儲けていくのね。

|

« 気が付けば5月もあと1週間 | トップページ | とりあえず富くじだけ購入 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。