« Dell4700Cが逝ってしまった | トップページ | Dell 4700C 第2の人生へ »

2007/12/10

主役機交代

いつもはPCのワイヤレスキーボードがある位置に今朝はノートパソコンをどんと置いて、ブログに書き込んだ後、株式市場を見ながら最近のパソコンを物色。

どんなものを買っても2年半前の機種より早いだろうから、特に大げさな注文はなかったが、あえて挙げるとすれば・・・

  • CPU:なんでもよかったのだが、デュアルコアのCPUも一般的になってきたので、買うならデュアルコアに。もはやIntelかAMDかはこだわらず。
  • メモリ:こいつは多ければ多いに越したことはないので、2GB搭載。増設するための費用も安いし。
  • HDD:これまで使っていた160GBでもそれなりに余裕はあったが、これもあればあるだけ使うので、250GB、欲を言えば500GB。
  • GPU:既にデュアルモニタ環境がそろっているので、グラフィックボードもデュアル対応必須。それ以前にFFXIやることが明白なので、オンボードは不可。ただGeForce8800なんて最新版は必要なく、7900とか8600で十分。
  • OS:これを機にVistaも触ってみたいが、Vistaでなければならない理由はないので、XPでも全然OK。
  • その他(1):筐体前面にUSBポートとヘッドホン端子は欲しい。
  • その他(2):拡張性と排熱を考えると、スリム筐体はNG。4700Cもハーフサイズのグラフィックボード探すのに苦労したし。

以上の条件で検索開始。Dellとかソフマップ、プレイオンラインの公式サイトにリンクのあるG-Tunesやツクモ、あと昔自作PC組んでいた頃よく行ったFaithとかドスパラなどの秋葉ショップ系のサイトあたりとか。メーカー製PCは最初から眼中になし。

4万円でそれなりPCが買えてしまうご時勢に、性能のために10万でも20万でもつぎ込むPCユーザーはやはり顧客として魅力的なのか、どこも「ゲーム専用PC」のラインアップをそろえているあたりが面白い。全体的には10万円台前半~中盤がメインか。

でもさすがに10万円超えるのをわざわざ買うのは・・・と迷っていたとき、目に付いたのがドスパラのPrime A Galleria64。特にカスタマイズする必要もなく、OSも付いて、9万円切るお値段。

ハイ、これに決定。

(↑どんなPCがあるか見るはずだったのが、いつの間にか脳内では「どのPCを買うか」に変わっているあたりがヴァカと言うかなんと言うか)

普通だったらここでオンラインで申し込んで、あとは配達されるのをおとなしく待つところなんだろうが・・・・そうじゃないのがこの私。

仕事でも株でも、これまでも人生もそうなのだが、エンジンに火が入ると、すぐに動き出さないと済まない人間なのです、私は。まぁ、エンジンに火が入るまでが往々にして長いのが問題ではあるのだが・・・。

株式市場の前場を見届け、忠臣蔵を見ながら軽く食事し、秋葉原に向けて出発したのが13時前。

いきなり買出しに行くのには一応根拠はあって、ドスパラは実際に稼動しているマシンを置いてあるショールームがあり、昔からBTOマシンは結構在庫を置いてあったりする。まぁ、なかったらないで、久しぶりに秋葉原見物でもしてこようかと考えていたし。

で、実際にどうなったかと言うと、テレビ東京でクロージングベルが始まる頃には帰宅。手にはでかい箱を抱えて。

ハイ、ドスパラ行ったら案の定、即納可能品があったので、その場でニコニコ現金払いで買ってきてしまいました

とりあえず2台のディスプレイとマウスとキーボードだけつないで、起動と初期登録。

それで初起動後に最初に何をやったかと言うと・・・Vana'Diel Bench3のダウンロードとインストール(^_^;)。

Dell4700C+GeForce7300GSではハイレゾモードで2500前後、つまり「おなつよ」「つよ」程度だったのだが・・・・今回の新マシンはなんと6900を計上。「計り知れない」の寸前(;゜0゜)。

と言うわけで、早速FFXIインストール開始。さっき全9枚のCD-ROMのインストールを終わって、今まさに永延とバージョンアップをしている真っ最中だったりする。

さて、残されたDell4700Cはと言うと、これまた数奇な運命をたどることになるのだが・・・・この話は後日。

|

« Dell4700Cが逝ってしまった | トップページ | Dell 4700C 第2の人生へ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。