« 祝・ワープゲート全線開通 | トップページ | 再会、そして悪夢 »

2007/12/08

久方ぶりの再会

ここ1週間FFXIにはまっているなぁ。株は上昇基調に転じているので、横で眺めているだけで放置しておいても利益は出ているけど。

・いざタイムスリップ

アルタナの神兵、買ってきたのにアトルガンを含めたこの2年分のキャッチアップに追われて、何もやっていない。

正確に言うと、バタリアの門から一度飛んでイベントを見たのだが、うろついているゴブに絡まれたら死ぬの確実だったのを見て、すぐさま逃げ帰ってきた。

監視哨めぐりでインスニを使った散歩の勘も取り戻したので、下調べも十分にして、いざ過去の世界へ。目指すは当然我が故国、サンドリア。

そのためにはガルレージュ要塞に立ち寄らないといけないのだが、いきなりトラブル発生。バタリアに出るための橋に向かおうとしたら壁があって通れない(※1)ではないか。古墳の中にNPCが、とのことだったので、古墳の中に入るが、なんかゴブがいっぱい(T_T)。

※1 遠目には門が閉まっているように見えたが、今考えると、近づいたら実は開いていたのかも

もうどうしようもなくなったので、とりあえずエスケプしたら南側の古墳の入り口近辺に出現。おお、ラッキー。

とりあえず入り口の兄ちゃんの頼みを聞いて地図を手に入れ、ミニスカ&メガネっ子の学者姉ちゃんに会うだけ会ってきて、バス入隊は丁重にお断りして、要塞のあるソロムグを目指す。

途中何に絡まれるかわかったものじゃないので、ひたすらインスニ。ロランベリーの禁断の口も開通、要塞で地図と紹介状を手に入れて、普段一人だったら絶対に行けない3門の先の禁断の口も開通。

ひとまずここで中断。アルザビでビシージ2連戦に参加して、経験値3000ほど取得。

・油断大敵

防衛線に勝利し、改めてバタリアからサンドを目指すことに。行く途中、ジャグナーの禁断の口の開通と、「加工された棒切れ」をついでに入手しておくといいと言う事で、それも念頭に入れつつひたすら徒歩。

初めてジュノを目指したときや、AFのために宝箱を探していた頃を思い出すなぁ。

ジャグナーにある扉を開くための「加工された棒切れ」だが、点在する物見台の???を調べる必要がある。カンパニエの乱戦を横目に見つつ、禁断の口に向かう途中の物見台にて???を発見。

が、その入り口をオークが行ったり来たりしている。???を調べるにはインビジを切らねばならない。タイミングを見計らってインビジを切って、???を調べて目当ての棒切れを手にし、再度インビジを唱えた・・・・ところまではよかったのだが、

Orcish Bowshooterは、遠隔攻撃を実行。
→Knivesに、100ダメージ。

緊急脱出シークエンス開始、一気にジュノまで帰還。

でもジャグナーの禁断の口、調べる前だったので、再度ブンカール浦をぐるっと回って行く事に。

・懐かしの面々との再会

一度通った道は慣れたもので、ジャグナーの禁断の口も無事開通し、早速棒切れで扉を開いてロンフォールに到着。

ちょうどその頃昔の仲間からTellが入って、サンドで再会することに。会話に講じていてゴブに絡まれそう(赤60だったので)になる危機もあったが、無事東ロンフォールの禁断の口に到着。

は~、長い道のりだった。

サンドでは昔の仲間と久しぶりに対面。いやぁ、変わってませんなぁ。2年経ってタルが大きくなっていたら逆に怖いけど。フレ登録してあった人の大半が既に退会したみたいだったが、この連中は何も変わらず残ってました。

いや~、友達ってやっぱりいいものですな。

私はさすがに疲れたので、サンド見物&入隊は後日にまわして、カンパニエに出発する彼らを見送って本日は終了。

|

« 祝・ワープゲート全線開通 | トップページ | 再会、そして悪夢 »

Life in Vana'diel」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。