« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/18

YouTubeをのぞいてみる

ネット上で動画を探すなら、かつてはWinnyのようなP2Pソフト、そして現代はYouTubeのような動画投稿サイト。

なんでもYouTubeを使ったことのある日本人ユーザーは「異常なくらい」多いらしく、「ネットならタダで手に入るから便利」と飛びつくのは日本人の特性のようで。

テレビ放送されていた番組が丸々アップされているのは当たり前。日本のアニメに英語字幕が入っていたのも、まぁ物好きがいるものだ、と言うことでいいとしよう。

「七夕とは~~」の豆知識テロップや、画面の中の日本語の看板に(違和感がないように)英語表記を入れたり、なんてところまで手間をかけてやる人がいるとはね。ちゃんとした英訳になっているから、これまた驚き。

#画面に流れた地震速報はさすがにどうしようもなかったようだが

| | コメント (0)

こち亀30周年

「こち亀」、こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が前人未到の30周年。

_055 100巻以降はリアルタイムに買っている(※1)けど、それでも1/3でしかないからすごい。

※1 それ以前は文庫版で我慢している

春まで4年間亀有に住んでいたけど、そもそもこの漫画に出合わなければ「亀有」なんて地名すら知らず、下手すればいまだに船橋に住んでいたかもしれない。

30年間、毎週ネタを考えて楽しませると言うだけでも驚くべきことなのだが、個人的にはその30年間に休載が一度もないことに惜しみない賞賛を送りたい。

これぞまさにプロフェッショナル。これからも末永くがんばってほしいものです。

#でも数年ぶりに買った少年ジャンプ、見たことある連載は21本中5本だけ

| | コメント (0)

2006/09/09

仲間由紀恵、宮崎あおい、の次は平野綾か?

いきなりアイドルマニアみたいな題名から入ったが、実のところはいろいろ噂(※1)になっていた「涼宮ハルヒの憂鬱」のDVDをレンタルして見ただけのことである。

※1:こことかここ

何でこんなタイトルになったかと言うと、今ではすっかりメジャーになった仲間由紀恵、昔は某アニメの声優をやってた事実は意外と知られていない(と言うか、私もなんで思い出したかよくわからん)。

どちらかと言うと先日「魔法遣いに大切なこと」のDVDボックスのTVCMを見たのが直接のきっかけかな。「主演:宮崎あおい」と大々的に宣伝していたような気が・・・。

個人的にはこの作品、結構好きでDVDを持っていたりするのだが、最終巻の特典映像ではインタビューや主題歌のミュージッククリップに若かりし頃の宮崎あおいが登場していた。

で、「涼宮ハルヒの憂鬱」のDVDの特典映像に映っていた平野綾を見て、なんかちょっとした既視感を覚えたわけです。

#でもアイドル→声優→女優と活躍の場を移してきた人と言えば、なんと言っても戸田恵子

| | コメント (0)

2006/09/03

Gmailに乗り換え

Gmailが一般公開されたのを受けて、私も早速Gmailに移行しました。

これまでは個人のメールアカウントへのメールを外で見る場合は、Yahoo!メールの外部メールに登録して見ていたのですが、Gmailに変更。Google Analyticsはサービス開始直後に申し込んだので、2月から使っていたりします。

#このブログもGoogle Analyticsでトラッキング中

AjaxだWeb2.0だと騒がれていますが、よくできているわ、これ。確かにメールソフトはいらなくなる。

が、いざというときのことを考えるとメールをネット上のサービスだけに頼るのも怖いので、今まで使っていたBecky!はこれからもまだまだ活躍しそうです。

#10年分のメールが蓄積されているし

| | コメント (0)

2006/09/02

テレビで形成されるオタクの固定観念

土曜日の朝、「ぶらり途中下車の旅」を横目で見ていたら、そのあとそのまま流れてきたのが「アンテナ22特別版“あなたの知らない秋葉原”」。

メイド喫茶に萌えるオタクたち、メイド喫茶見学ツアーに参加するオバサンたち、面白おかしく取り上げる番組は珍しくもないけど・・・・テレビの情報伝達力ってつくづく怖いな、って思った。

「今変わりつつある街、秋葉原~~」みたいなナレーションのあとに、駅前のパンショット。
そして2・3人のインタービュー映像。
「メイド喫茶に行こうと思って来ました」
「初めてメイド喫茶に行ってみようかと」

・・・秋葉原駅で降りる人すべてがメイド喫茶目当てじゃないって(-_-;)。

ここだけ抜き出して放送すると、一瞬そう感じてしまうから怖い。秋葉原に行ったことない人は一瞬じゃすまないかも。
インタビューでは違う答えをした人もいっぱいいたんだろうに。

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »