« 猫もコタツで丸くなる | トップページ | ライブドアショックの余波 »

2006/01/22

銀塩写真の行く末

私自身、かつてはカメラ大好きな人間でして、大学時代は写真部なんぞに属していました。そのころはミノルタのα-7000とかニコンF1を横目に見つつ、「やっぱりカメラはマニュアルが基本だ~」と叫びながら親父から譲ってもらったキャノンのA-1を片手に、よく都内各地で撮影散歩していたりしました。

フィルムの現像と印画紙への焼付けが自らの手でできるのが銀塩写真の醍醐味で、学園祭に向けてA全の巨大な印画紙に自分の作品を焼き付けるために1時間以上も暗室にこもったことも、今ではいい思い出です(^_^;)。
#エンドレステープで無限に流れる時任三郎の「24時間タタカエマスカ」を呪文のように聞きながら・・・

ところが年が明けてから老舗カメラメーカーのフィルムカメラからの撤退が相次いで発表されました。

確かにデジタルカメラは便利だし、昨今は高解像度の一眼レフタイプもだいぶ値段が下がってきた(自分でも一台ほしいくらいに)けど、「一瞬をフィルムに焼き付ける」と言う感覚がないためか、いまだにしっくりこないんですよね。

そんな中、老舗の富士写真フィルムが写真事業を継続するプレスリリースを出したのは心強い話です。銀塩カメラという呼称が定着してしまう時代になっても、頑張ってほしいものです。

それよりもどこの学校にもあった写真部はどうなってしまうんだ?
解説文がないと究極超人あ~るの「光画部」が何かわからない時代になるのか?

#写真もそうだが、レコードやカセットテープのようなものだけでなく、ビデオテープやLDのような「アナログメディア」って、ふと見回すとすっかり過去の遺物になってしまっているなぁ・・・

|

« 猫もコタツで丸くなる | トップページ | ライブドアショックの余波 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ミノルタが~っ!

大学時代に使っていたα-8700iは、いまだに現役です。

投稿: いいぶち | 2006/01/25 10:25

この記事へのコメントは終了しました。

« 猫もコタツで丸くなる | トップページ | ライブドアショックの余波 »